ラーメン店では世界初となる、グルメガイド『ミシュランガイド東京2016』(日本ミシュランタイヤ)の「一つ星」に輝いた「Japanese Soba Noodle 蔦(つた)」に行ってきました。

ミシュランガイドはレストランやホテルを星の数で格付けし紹介する、世界的に権威のあるガイドブックです。星が付けられた店は一食数万円する高級店ばかりです。従来の星の評価からは外れるものの、おもに5000円以下で食事ができるおすすめの店「ビブグルマン」でラーメン店が選ばれたことはありますが、星付きは今まで存在しませんでした。そのため、ラーメン店が星付きとなったことは大きな話題を呼びました。

一つ星に選ばれたと発表された後初の営業日に私は同店を訪れたことがあります。開店1時間前に既に約30人の行列ができていました。開店10分前には約120人にまで増えていました。

今回の訪問では行列は10人程度でした。人気が落ちたということではなく、整理券をもらって後ほど訪れる方式になっていたからです。整理券配布時に預かり金として1000円を渡す必要があります。整理券をもらって来店しないということを防ぐためにとのことです。この時は3時間待ちとなりました。人気は健在です。

整理券で指定された3時間後に再度同店を訪れました。「醤油そば」や「塩そば」などがあります。化学調味料を一切使わないことがウリとなっています。麺は国産小麦100%の自家製麺です。醤油そばのスープは日本各地のこだわりの醤油を複数ブレンドした醤油スープに様々な食材を煮込んだスープを合わせたものを使用しています。

同店のラーメンは食材にこだわっています。例えば、「焼豚味玉塩そば 〜白トリュフの香り〜」(税込1250円)は、大量の浅利と真鯛などの海産物のダシに、沖縄県の海塩と内モンゴルの岩塩をブレンドした塩ダレ、白トリュフオイルとマイクロドライトマトを添加し、海産物の旨味をより引き出しています。世界各地のこだわりの食材を使用することで、他店では食べることができない差別化されたラーメンを提供することができています。

店員に勧められて注文した「味玉醤油そば」(税込950円)が到着しました。

醤油スープの中に極細麺が横たわり、ネギ、メンマ、チャーシューなどの具材がのっています。味はあっさりしています。醤油スープの程よい旨味が麺に絡まり絶妙な味わいです。シンプルで美味しい、むしろシンプルでないと美味しさが際立たないラーメンといえます。

同店の人気は、ラーメンが「美味しい」ことと、「ミシュランガイドにてラーメン店で世界初の一つ星店に選ばれた」ことにあります。3時間待ってでも食べたいラーメンを提供する店といえるでしょう。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます