極上の「ガトーショコラ」を提供する、東京・新宿に店を構える「ケンズカフェ東京」。世界最高峰のチョコレートを贅沢に使ったガトーショコラのみを販売している人気店です。完全手作りのため、数量限定での販売です。

ケンズカフェ東京のガトーショコラは、世界50ヶ国以上の駐日大使や世界各国のセレブ御用達の超一級スイーツとして確固たる地位を築きました。また、ミュージシャンの藤井フミヤ氏がテレビ番組で紹介したことで、爆発的な人気を得るようになりました。

人気を得ているのには理由があります。ガトーショコラの素材に超一級品のみを使用していることにあります。小麦粉を一切加えない「グルテンフリー」のガトーショコラであることも特長的です。

世界最高峰「ドモーリ」創始者のジャンルーカ・フランゾーニ氏によって調合された、世界で唯一のグランクリュショコラ「KEN’S」を使用しています。バターは食品添加物の入った油脂を一切使用していない無塩バターで最高品質を誇る「カルピス特選バター」を使用しています。たまごは最高級の飼料を使用して生まれた「昔の味たまご」を使用しています。

受賞歴は豊富です。JAPAN SWEETS AWARD 2016「TOP50」に選ばれました。食べログ「全国チョコレート店ランキング第1位」にも選ばれました。日本ギフト大賞2015 都道府県賞「東京賞」受賞商品でもあります。テレビ番組などのメディアでも数多く取り上げられています。

常温ではテリーヌショコラ、温めるとフォンダンショコラ、冷やすと生チョコ感覚と3通りの方法で楽しむことができます。

贈答用にも最適で、高級感のある箱に包まれていて、箱を入れる手提げバッグは、高級ブランド店で使用されている手提げバッグのような高級なものを使用しています。

味は非常に濃厚です。極上カカオのビターな味わいが口の中に広がります。他では味わうことができないガトーショコラと言えるでしょう。

ケンズカフェ東京のガトーショコラは1本250グラムで3000円です。一般的なガトーショコラと比べて値段は圧倒的に高いです。しかし、それでも月間3000本以上を販売しているそうです。

■ 巧みな経営戦略が垣間見える

高額でも飛ぶように売れる理由は、最高級の素材を使用した他では味わえないガトーショコラの美味しさにあります。しかし、それだけではありません。ケンズカフェ東京は巧みな経営戦略を行っています。

まずは価格です。最高級の素材を使用しているとはいえ、250グラムで3000円は割高と言えます。しかし、値段を高くすることで高級感を演出し、スイーツとして極限まで価値を高めることに成功しています。これは、高級ブランド品でよく使われる手法ですが、それをスイーツに持ち込んだところにしたたかさが垣間見えます。

ガトーショコラ1品に絞っていることも戦略的と言えます。焦点は絞れば絞るほど訴求力が高まります。特に規模が小さい店ほど効果は高まります。これが、ガトーショコラもケーキもタルトも、となってしまうとガトーショコラが際立ちません。ガトーショコラ1品にすることで、ガトーショコラには自信があることを強く訴えることができます。

1品生産のため生産・販売効率が非常に高いと言えます。同規模店と比べて材料の種類が少なくなるので1品あたりの仕入れ量が多くなり、価格交渉で有利になると考えることができます。材料と製品の管理も容易になります。そして、1品生産のため生産の経験が蓄積されやすく、品質を高く一定に保つことができます。従業員の教育も容易になると言えるでしょう。

ケンズカフェ東京はガトーショコラの味だけでなく、経営戦略においても卓越している店と言えるでしょう。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます