自社の競争力を確保し、長期的なブランド力の強化とポジショニングの維持・拡大を図るためには、市場と競争環境に絶えず目を向けていかなければなりません。市場と競争環境はめまぐるしく変化していくからです。

市場と競争環境を分析する手法に「ファイブフォース分析」があります。ファイブフォース分析とは、業界の収益性を決める5つの競争要因から、業界の構造分析を行う手法のことです。経営学者のマイケル・ポーターの著書『競争の戦略』で広く知れ渡るようになりました。

■ 5つの競争要因とは

自社の収益性に影響を及ぼす客体として、業界内の競合他社、潜在的参入者、代替品、買い手、供給業者の5つを挙げています。それぞれ、次のような脅威があるとしています。

「業界内の競争激化の脅威」…「業界内の競合他社」の敵対関係の強さ、企業数、影響力などに左右されます。業界の退出障壁が高い場合は、競合他社が業界内にとどまるため、さらに競争が激化します。

「新規参入の脅威」…「潜在的参入者」が自社の業界に参入してくる脅威があります。業界の参入障壁が低い、業界に魅力がある、業界内の競争が緩いなどの場合に脅威が高まります。自社の業界内におけるシェアが低下する恐れがあります。

「代替品の脅威」…「代替品」が潜在的に存在する、あるいはイノベーションにより新たな代替品が登場する、既製品が進化するなどでもたらされる脅威です。代替品の差別化の度合いが高く、代替品に乗り換えるスイッチングコストが低いなどの場合に脅威は高まります。

「買い手の交渉力増大の脅威」…「買い手」の交渉力が増大することでもたらされる脅威です。買い手、つまり消費者や顧客の需要が自社を含む業界内企業の供給を下回る場合、買い手のスイッチングコストが低いなどの場合に脅威は高まります。

「供給業者の交渉力増大の脅威」…「供給業者」の交渉力が増大することでもたらされる脅威です。供給業者(サプライヤー)が供給品の供給量や価格の決定に対する影響力が高い、供給品の差別化の度合いが高い、業界内企業よりも供給業者の数が少ない、供給業者を変更するスイッチングコストが高いなどの場合に脅威は高まります。

ファイブフォース分析により業界を構造的に把握することができます。業界構造を明らかにした上で、SWOT分析などを駆使することで、ビジネスチャンスを捉えることができるようになります。業界構造が明らかであれば、市場における機会を見つけやすくなるからです。将来に渡る収益性を見据えやすくなると言えるでしょう。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます