「フルグラ」の大ヒットにより、スナック菓子メーカー最大手の「カルビー」の業績が絶好調です。

カルビーの2016年3月期決算は、売上高が2461億円(前年同期比10.8%増)、営業利益が281億円(16.3%増)、純利益が167億円(19.0%増)となり、過去最高を記録しました。

シリアル食品のフルグラが好調で、シリアル製品の同期の売上高は241億円となり、前年同期比47.7%増となっています。フルグラの業績について、松本晃会長兼CEOは決算説明会において「昨年の売上高は223億円。今年は300億円、3年して500億円を目指す」と述べています。

■ フルグラの歴史

カルビーのフルグラの歴史を簡潔に記します。カルビーは1988年にシリアル事業をスタートさせました。翌89年にグラノーラなどシリアル製品5アイテムを市場に投入しました。91年にドライフルーツが付け加えられた「フルーツグラノーラ」が誕生しています。

フルーツグラノーラの売り上げは低迷していました。そこで同社は市場のポジショニングを「シリアル食品市場」から、和朝食やパンと並ぶ「朝食市場」に変更し、11年に商品名を「フルーツグラノーラ」から「フルグラ」へと変更しました。健康志向の高まりや、朝活の活況などにより朝食が見直され始めたこともあり、フルグラは大ヒット商品へと成長していきました。

国内のシリアル市場は急成長しています。日本スナック・シリアルフーズ協会によると、2015年のシリアル生産額は537億円で、11年の264億円と比べて2倍以上の規模に成長しました。特に「グラノーラ」のカテゴリーの伸びが顕著で、11年は61億円しかありませんでしたが、15年には369億円と6倍以上の規模に成長しています。

上記から、カルビーの「フルグラ」がシリアル市場を牽引していることがわかります。また、フルグラだけで同社の売上高のおよそ1割も稼ぎ出しています。

■ フルグラが好調でも株価は低迷

しかし、フルグラの大ヒットで業績が好調のように見えるカルビーですが、同社の株価は低下傾向を示しています。2015年4月に最高値(13年10月1日の株式分割以降)の5700円をつけましたが、その後は若干の乱高下を繰り返し、なだらかに低下し続けています。株主総会前日の6月21日には年初来安値となる3855円にまで落ち込みました。

カルビーの業績は好調に見えますが、松本晃会長兼CEOは「あまり褒められた発表ではなかった」と慎重な発言をしています。同氏は「残念なことに、営業利益288億円に対して281億円、7億円ミスした」と目標に届かなかったことを示し、「株主に対して約束を果たせなかった」と述べました。需要と供給のアンバランスや、同社の完全子会社「ジャパンフリトレー」の営業利益が計画より約10億円マイナスとなったことが影響したことを示しました。

2016年3月期の営業利益率は11.4%(前年同期比0.5ポイント増)と過去最高を更新しましたが、計画に対しては未達となっています。円安等による原材料費の増加や設備増強による償却費の負担増、北米の稼働率低下などの影響により粗利益率が低下しました。

海外市場では、シンガポールにおいて販売代理店を子会社化し、北米では新工場の操業を開始し、英国ではスナックの製造・販売を開始しました。カルビーは海外の売上比率を30%以上にしたいとしています。しかし、中国では業績が不振だった「カルビー(杭州)食品有限公司」の合弁契約を解消するなど、不安要素も見受けられました。

■ 投資と成長のバランスが重要

確かにフルグラは絶好調です。フルグラの成長を支えるために、フルグラの生産ラインの大規模な増設を行っています。北米を含む海外の新工場の設備取得を含めて、カルビーは2016年3月期に200億円を超える投資を行っています。フルグラに対する投資は39億円にもなっています。

フルグラがこのまま大きな成長を遂げれば問題はありませんが、競合の参入による競争の激化や市場の成長の鈍化といったことが起これば、大きな投資が逆に足かせとなる可能性があります。

株価の低迷は、フルグラの熱狂が落ち着いたことに加え、投資のリスクがつきまとうことが影響していると考えることができます。株主の目も厳しくなっているのでしょう。フルグラの成長と投資の行方の様子見が続いていると言えるのかもしれません。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます