ドラッグストア業界の首位争いが過熱しています。

業界首位のマツモトキヨシホールディングスは7月15日、10月1日を効力発生日としてグループ再編を行うことを発表しました。

100%子会社である杉浦薬品を消滅会社、マツモトキヨシを存続会社とする吸収合併を行います。100%子会社であるトウブドラッグのドラッグストア事業をマツモトキヨシへ吸収分割により承継します。分割後のトウブドラッグを消滅会社、100%子会社であるマツモトキヨシファーマシーズを存続会社とする吸収合併を行います。

いずれも100%子会社間での組織再編のため、連結業績に与える影響は軽微です。運営コストの効率化や品揃えの強化、地域に密着した対応の強化、更なるシェアの拡大、調剤事業の強化・拡大を目的としています。

ドラッグストア業界の争いと業界再編は熾烈を極めています。マツモトキヨシとツルハホールディングス、サンドラッグの三者が業界首位の座を争っていました。

直近の通期の業績(連結)では、マツモトキヨシの売上高は5360億円(2016年3月期)、ツルハは5275億円(16年5月期)、サンドラッグは5037億円(16年3月期)となっています。

■ マツキヨに新たな刺客が現る

ここにきて新たな競争会社が突如現れました。流通大手イオンの子会社であるウエルシアホールディングスです。

イオンはTOB(株式公開買い付け)により14年11月にウエルシアを子会社化しました。ウエルシアは15年に、ハックドラッグを運営するCFSコーポレーション、タキヤ、シミズ薬品を完全子会社化するなど、業界の再編を進めてきました。ウエルシアの16年2月期の売上高は5284億円で、マツモトキヨシに迫る業界2位の座に突如現れたのです。前年同期の売上高は3804億円に過ぎませんでした。

ドラッグストア業界の争いでカギとなるのが「調剤事業」「カウンセリング営業」「プライベートブランド商品」の3つです。出店・価格競争の激化の継続や異業種の参入により業界競争が激しくなっています。業界の特性上、品揃えの強化だけでは差別化は難しく、それ以外での付加価値の創出が不可欠となっています。

■ 調剤事業

調剤事業に関しては、医薬分業の推進、セルフメディケーションの気運の高まり、国策による「かかりつけ薬剤師・薬局」の役割の重視の流れにより、調剤専門薬局や調剤薬局併設店舗の需要が高まりを見せているため、調剤事業の可能性が広がっています。

マツモトキヨシは、調剤専門薬局および調剤薬局併設店舗の出店を加速させています。調剤事業の売上高は400億円を超えるとしています。調剤事業はウエルシアが強く、調剤事業が強い会社を子会社化してきた経緯があります。両者の競争が激しさを増しています。

■ カウンセリング営業

カウンセリング営業に関しては、その重要性が増しています。医薬品や化粧品、食品などを単に販売するだけでは価格競争に陥ってしまいます。付加価値として、利用客の悩みや問題を解決するカウンセリングを併せて行っていくことが求められています。超高齢化の社会や規制緩和の動向から、美と健康の分野の需要が高まっています。

マツモトキヨシは、美と健康の分野に特化した商品・サービスを展開する次世代ヘルスケア店舗「暮らしのヘルスケアショップ matsukiyo LAB新松戸駅前店」を15年9月に、創業の地である松戸市内にリニューアルオープンしました。薬剤師や管理栄養士、ビューティースペシャリストが美と健康についてカウンセリングを行います。

■ プライベートブランド商品

プライベートブランド商品(PB商品)に関しては、価格競争からの脱却を図るために、商品の高付加価値化が不可欠となっています。競合他社にはない、差別化された独自のPB商品を開発することで、顧客の囲い込みを行っていく必要があります。

マツモトキヨシは、15年12月に新たなPB商品ラインとして「matsukiyo」を誕生させました。06年からPB商品「MKカスタマー」を展開していましたが、「マツキヨらしさ」をより前面に押し出すために、「matsukiyo」はひと目で同社のPB商品と認識できるようなロゴやデザインとなっています。

ドラッグストア業界はオーバーストア状態と言われています。そのため、M&A(合併・買収)の動きがより強まっていくでしょう。また、大手4社を軸に覇権争いが行われていくものと思われます。今後は、大手同士の合従連衡もあり得るでしょう。業界の特性上、規模の経済が働きやすいからです。どの企業が業界に君臨していくのか、目が離せません。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます