「鍵をかけ忘れて家を出ていませんか?」

ドキッとした方がいるのではないでしょうか。そう言われてみて、鍵をかけずに家を出たかもしれないと不安に思った方もいることでしょう。

外出時に家の鍵をかけることは非常に重要なことです。しかし、たとえ重要なことであっても、忙しい日常を送っていると注意がいかなくなることもあります。うっかり忘れてしまうこともあります。

これは商売における顧客や消費者の購買心理にも当てはまります。あなたの店や商品・サービスが顧客にとって重要であっても、顧客はあなたの店や商品・サービスを常に気に留めておくことは稀です。忙しい毎日を送る人達は、忙しさで忙殺され、あなたの店や商品・サービスのことを忘れてしまうものです。

商売で大事なことは、顧客や消費者に「反応」してもらうことです。反応できない店や商品・サービスは顧客や消費者から忘れ去られてしまいます。

反応してもらうためにはどうしたらいいのか。答えは「問いかける」です。知り合いに反応してもらうためには、「ねぇ、◯◯さん」と問いかけるはずです。問いかけてはじめてその後の会話が成立します。

■ 問いかける

商売も同じです。問いかけてから商売が始まります。

・「◯◯を忘れていませんか?」

・「◯◯と思われたくないですか?」

・「◯◯に悩んでいませんか?」

・「少し◯◯になったと思いませんか?」

・「なぜ◯◯なのだろう?」

・「◯◯の方ですか?」

・「◯◯ではありませんか?」

口頭での問いかけだけでなく、文字での問いかけも非常に有効です。問いかけられた言葉に当てはまる顧客や消費者はとりあえず反応します。

もちろん、反応はしても無視する人もいます。でも、反応して興味を示す人もいるのです。顧客や消費者に積極的に問いかけていきましょう。

【店舗をより良くしたい人へ】Facebookで『店舗カイゼン委員会』と検索するとグループが表示されます。『グループに参加』をクリックすると無料で参加できます。店舗をより良くしたい人が集まる新しいコミュニティです。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら