スターバックスはティー(茶)市場で革命を起こすことができるのか。

スターバックス コーヒー ジャパンは10月3日から、ティーの新ブランド「TEAVANA」(ティバーナ)をスタートさせました。アメリカ、ヨーロッパに続き、今秋より日本を含むアジア・パシフィック地域で楽しむことができます。

同社によると、世界のティーマーケット(茶類全般)は、2015年の段階で1250億ドル規模に達し、コーヒーよりも大きい市場を有しているとのことです。日本でも今後の成長を期待しています。

ブランドコンセプトは「TEAを多彩に変えていく」としています。「Heaven of TEA」(ティーの楽園)の意味を込め、今までにないティー体験を届けるとしています。様々な種類の茶葉やフルーツ、花、ハーブ、スパイスなどをブレンドします。

今回のティバーナの日本導入にあたり、特に前面に押しだしているのが「ゆず シトラス & ティー」です。ゆずやシトラス、ピンクグレープフルーツ、ホワイトグレープなどを紅茶と組み合わせています。果肉がたっぷり入っているのが特徴です。

さっそく「ティバーナ」などティー商品を試してみました。注文したのは『ゆず シトラス & ティー(ホット)』(ショートサイズで390円)と『ネクタリン ピーチ クリーム フラペチーノ with ティー ババロア』(トールサイズのみで560円)です。

『ゆず シトラス & ティー(ホット)』は柑橘系の香りがほのかに漂います。鮮やかな黄金色がカップの中に見えます。程よい酸味のなかに紅茶の渋みがしっかり残っています。豊かな風味が印象的です。果肉の食感も楽しめます。五感で楽しむことができるティー商品です。

『ネクタリン ピーチ クリーム フラペチーノ with ティー ババロア』はピーチとティーを融合したフラペチーノです。ネクタリンピーチや白桃、黄桃をクリーミーにブレンドし、アールグレイティー風味のティーババロアが加わっています。

両商品ともに美味しくいただけました。個人的には好きです。ただ、日本でヒットするかは未知数です。日本におけるティー市場(緑茶を除く)はいまひとつ広がりに欠けているからです。

■ 日本の紅茶市場はいまひとつ

飲料大手の伊藤園によると、2015年のコーヒー飲料市場は9420億円であるのに対し、紅茶系市場は4580億円、緑茶市場は4150億円にしか過ぎません。日本ではティーを店舗で飲む文化が浸透しているとはいえません。

成長性でも厳しい状態です。同じく伊藤園の推計では、2000年の紅茶系市場は5793億円の規模がありましたが、その後は縮小傾向を示しています。一方、緑茶市場は2000年の2171億円から増加傾向を示しています。

紅茶系市場は規模の面ではコーヒー飲料に劣り、成長性の面では緑茶市場に劣っています。コーヒー飲料と緑茶の陰に隠れがちです。

スターバックスはこうした状況に風穴をあけることができるのでしょうか。スターバックスは今年、日本に上陸して20周年を迎えました。相乗効果でティー市場で革命を起こすことができるのか。今後に注目していきたいと思います。

【店舗をより良くしたい人へ】Facebookで『店舗カイゼン委員会』と検索するとグループが表示されます。『グループに参加』をクリックすると無料で参加できます。店舗をより良くしたい人が集まる新しいコミュニティです。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら