カボチャの中身をくりぬいた「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、仮装したりする「ハロウィン」が10月31日に行われます。もともとは秋の収穫を祝う宗教的な行事でした。今では宗教的な意味合いはなくなり、イベントとして定着しています。

ハロウィンは10月の集客手段として活用できるイベントです。活用しない手はないでしょう。店内や店外をハロウィン仕様にすることで消費者の注目を集めることができます。ハロウィンを活用した販促を実施することで集客が実現できます。

・「ジャック・オー・ランタン」のイラストやオブジェを飾る

・実物のカボチャを置く

・「ジャック・オー・ランタン」の着ぐるみを着てチラシを配る

・スタッフが仮装する

・カボチャを使ったメニューを開発する

・カボチャの煮物を無料で振る舞う

・カボチャスープを無料で振る舞う

・仮装しての来店で10%割引にする

・カボチャの持参で10%割引にする

メインターゲット層がファミリーの店にとってハロウィンは親和性が高いイベントになるでしょう。子供が仮装するハードルは低いからです。

子供に焦点を絞ってイベントを開催することができます。イベントの場で仮装の人気コンテストを行う、仮装の写真を撮って店内に掲出し人気投票を行うといったことが考えられます。仮装した子供と一緒に大人も来店するので集客効果は高いといえるでしょう。もちろん、大人の仮装でも問題ありません。

ハロウィンを集客の手段として活用しましょう。

【店舗をより良くしたい人へ】Facebookで『店舗カイゼン委員会』と検索するとグループが表示されます。『グループに参加』をクリックすると無料で参加できます。店舗をより良くしたい人が集まる新しいコミュニティです。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら