制服は広告として利用することができます。仕事着としてシンプルな制服でもいいのですが、ブランドイメージの上で許されるのであれば、制服を広告として利用することが考えられます。

プロスポーツのユニフォームにはスポンサー企業のロゴなどが付いています。ユニフォームを宣伝広告媒体として利用しています。視聴者はユニフォームに付いたロゴなどを見て、企業や商品・サービスを認知します。有名選手が着ていれば、ブランドイメージは向上します。

プロスポーツのユニフォームと同様、店の従業員の制服を宣伝広告媒体として活用することは理にかなっているといえます。商品・サービスはもちろん、企業理念や意気込みなどを盛り込むことで顧客に対してアピールすることができます。

・経営理念を制服にプリントすることで共感を得る

・「今日も元気に頑張ります」と制服にプリントして意気込みを見せる

・従業員のプロフィールを制服にプリントして親近感を醸成する

・新商品を紹介したワッペンやバッジを制服に付けることで販売を促進する

・ワッペンやバッジに従業員お勧めの商品を記載してお勧めする際のネタにする

・制服に求人広告をプリントして求人する

このように制服を活用することで販売促進が図れます。また、仕事上でのコミュニケーションのネタにもなります。従業員のモチベーションが上がります。従業員と一緒に考えながらメッセージを考えるといいでしょう。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます