人は自分の誕生日を大事にします。多くの人は誕生日は祝われるものと幼少期から刷り込まれています。友人からプレゼントをもらったり、家族から祝われたりしてきたことでしょう。「誕生日おめでとう」と何度も言われているはずです。

大多数の人が誕生日を祝ってもらいたいと思っています。親しい友人や家族からはもちろん、親しいとは言えない人からでも、誕生日を祝われて嫌な気分になる人はほとんどいません。誰からでも誕生日を祝って欲しいと思うものです。企業や店が顧客のそういった心理に訴えかけることは有効的といえます。

顧客の誕生日を祝うためにDMを送付することは効果的です。通常のDMよりも反応率は格段に高まります。たとえDMであっても、誕生日を祝われれば嬉しいものです。DMに対する拒否反応は薄まるといえます。

・誕生日に誕生日DM持参で10%オフにする

・誕生月に誕生日DM持参でデザート1品をプレゼントする

・事前予約に限り、誕生日に誕生日DM持参でケーキをプレゼントする

ただ単にプレゼントを渡したり割引したりするのでもいいのですが、加えて従業員全員でバースデーソングを合唱したり、他の客を巻き込んで祝ってもいいでしょう。盛大に盛り上げることで記憶に残る誕生日になります。店と顧客との間に絆が生まれるはずです。

誕生日DMを送るためには顧客の誕生日と住所を知る必要があります。顧客の誕生日と住所は、アンケートやポイントカードに誕生日と住所を記載する欄を設けて記載してもらうことで知ることができます。

たとえ店からでも、誕生日を祝われれば嬉しいものです。店に対する顧客のロイヤルティは高まります。リピート率も上がるでしょう。「○○店に誕生日を祝ってもらった」という口コミが広がる可能性があります。売上拡大が期待できるでしょう。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます