予約できるシステムは店と顧客の両者にメリットがあります。予約に特典を付与することで、顧客は特典が得られるメリットがあります。また、事前に店が確定しているという安心感を得ることができます。顧客の来店が事前にわかるので、店側も安心感が得られるメリットがあります。大口の予約により大きな収益が得られることもあります。

電話やFAXで予約を受け付ける方法がありますが、今ではインターネットを利用した予約システムが充実しています。自動配信のリマインドメールなどによりドタキャンや無断キャンセルを最小限に抑えるサービスも充実しています。コストと利便性を天秤にかけて選択するといいでしょう。

予約客を増やすためには、予約することのメリットを顧客にしっかり提示することが重要となります。予約の場合には特典を付与することで顧客にメリットを与えることができます。特典がない場合よりも予約客を増やすことができます。

・予約で、5%オフにする

・予約で、1品サービスする

・予約で、サービスの時間を10分延長する

・予約で、感謝の意を記したメッセージカードを渡す

・予約での来店客には次回の来店時に割引となるクーポンを渡す

・予約客の名前を記した予約カードをテーブルの上に置き特別感を演出する

・5名以上での予約で、10%オフにする

予約システムを運用する上で問題となるのがドタキャンや無断キャンセルです。リマインドメールを送信するなどの予防策を徹底させることが重要です。リマインドメールを送るだけでもドタキャンや無断キャンセルを減らすことができます。

また、ドタキャンや無断キャンセルした顧客に対する店の姿勢を明確にすることも重要です。ある程度はやむを得ないと考えるのか、悪質な場合は予約を受け付けないようにするのか、店の姿勢を事前に決めておくといいでしょう。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます