多くの人は「金」が好きでしょう。ここでいう金とは、硬貨や紙幣の「お金」のことではなく、固体金属で元素記号が「Au」である金のことです。黄金に光り輝くその鉱石は装飾品として人類に利用された最古の金属であり、人類の歴史において長らく重用された鉱物資源です。価値がある金属です。

ところで、金は価値ある鉱物資源として広く認められていますが、なぜ金は価値が高いと認められているのでしょうか。いろいろな理由があります。その「美しさ」や「加工のし易さ」が最たる理由です。そしてもう一つ重要な理由が「希少性」です。

これまで採掘された金の量は、わずかオリンピック公式プールで約3杯分にしかならないと言われています。地球に埋蔵されている採掘されていない金の推定量はプール約1杯分しかありません。

人は希少性に価値を求めます。店舗経営で考えると、希少性がある商品・サービスを提供することで集客と売上拡大が実現できます。ただ、希少価値が高い商品・サービスを提供するだけでは不十分です。希少性があることを具体的な根拠やデータで提示しないと伝わりません。

■ 具体的な根拠を示す

金で言えば、「残りはプール約1杯分しか存在しない」といった根拠を提示することで、その希少価値が格段に高まります。例えば、「貴重な部位の肉」という表現よりも「牛1頭でわずか◯○グラムしかない部位の肉」といった根拠やデータを提示した表現の方が伝わります。

・日本に入荷したのはわずか◯個のみ

・入手困難だった具体的な苦労話を掲載する

・人気殺到で只今品切れ中

・先着◯◯名様、売り切れ御免

・◯%しかない希少部位を使用しています

・市場には流出しない魚を漁師の○○さんから直接入手しました

希少性を証明する具体的な話を交えることで顧客に強く訴求できます。どのような切り口でもいいので、提供する商品・サービスの希少性が伝わる話を訴求しましょう。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます