「商い」は「飽きない」と言われています。商いは顧客が飽きないことが大事だという意味があります。品揃えや外装、内装等を変更しているでしょうか。定期的に変更することで新鮮さを保つことができます。店舗前通行者に対して、「このお店、なんか変わったな」と思ってもらうことができます。そのまま入店してもらえる可能性が高まります。

・日替わりメニューを開発する

・陳列を入れ替える

・季節に合わせた装飾を行う

・小物の位置を変える

・看板の位置を少し変える

・看板の内容を変更する

大掛かりなものでなくても構いません。ちょっとした変化でも、顧客はそれに気づくものです。ぜひ、定期的に品揃えや外装、内装等を変えていって下さい。顧客はそのことに気づき、そのことを楽しみにするようになり、リピートしてくれるようになります。変化に気づいて、ふらっと入店して頂けます。

【店舗をより良くしたい人へ】Facebookで『店舗カイゼン委員会』と検索するとグループが表示されます。『グループに参加』をクリックすると無料で参加できます。店舗をより良くしたい人が集まる新しいコミュニティです。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら