規格外品や中古品、流行遅れ品などを販売するアウトレット・ストアは日本でもすっかり定着した感があります。消費者の価格志向の強まりを背景に、アウトレット販売は成長しています。

アウトレットモールでは高級ブランド店が軒を並べています。定価販売を基本とするコンビニでもアウトレット品を販売するようになっています。消費者のアウトレット品に対する抵抗感はなくなりつつあるといえます。

アウトレット販売で在庫消化を図ることは合理的といえます。規格外品や中古品、流行遅れ品であっても、それらを望む消費者は一定数存在します。

アウトレット品は一般的に「製品」に当てはまる言葉ですが、概念としては「サービス」でも応用できます。例えば、美容室やエステサロンなどで、サービス水準が一定の基準に達していない見習いの従業員によるサービス提供の場合に、料金を安く設定するといったことが考えられます。

訳ありの製品・サービスをアウトレットとして、低価格で販売することができないかを検討してみましょう。

・展示品をアウトレット販売する

・半端ものをアウトレット販売する

・返品された未使用品をアウトレット販売する

・パッケージがない商品をアウトレット販売する

・形が崩れた野菜をアウトレット販売する

・無料で見習いの従業員によるサービス提供を実施する

アウトレット販売での注意点は、アウトレット販売を多用し過ぎてしまうと、ブランドイメージが損なわれる恐れがあることです。場合によっては、目立たない場所でアウトレット品を展開する、特定の日時や期間にだけアウトレット販売を行うといった戦略をとる必要があります。

ブランドイメージを損なわないように細心の注意を払い、単なる安売りではないことを明確に演出することができれば、アウトレット販売は有望なビジネススタイルといえるでしょう。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます