現在の時代の流れを掴む解の一つは「多様性」にあります。多様性は「ダイバーシティ」ともいいます。近年、クローズアップされている言葉です。

日本は目下、少子高齢化・人口減少で苦しんでいます。少子高齢化・人口減少は確実に進行しています。この流れは止まらないでしょう。経営において少子高齢化・人口減少の影響で深刻となっているのが雇用確保の問題です。これは時代の流れといえるでしょう。

雇用確保の問題を解決する上で、外国人の活用は避けて通れない道といえます。今すぐにではないと思いますが、近い将来、日本も移民を受け入れざるを得なくなると私は考えています。移民を活用するにしろ、現在日本に在住している外国人を活用するにしろ、雇用確保において外国人の受け入れを進めていくことは非常に大事であるといえます。

異なる考えや文化を持つ外国人を受け入れていくには、受け入れる側に多様性を認める文化が必要となります。外国人と日本人とでは、多くの点において異なることだらけです。

■ 多様性が進化のカギとなる

生物が生きる世界では、画一的な生物群よりも、多様性を持った生物群の方が生き残りやすいと言われています。人間も同じです。ただ、日本人は島国で生きてきたため、多様性を認めることは苦手なことなのかもしれません。

今の時代の流れに適合するためには、多様性は不可欠といえます。今まで触れていなかった価値に触れていくことが求められます。ゆでガエル現象を回避し、時代の流れに適合することを考えていく必要があると言えるでしょう。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます