人間は怠惰な生き物です。怠けたい生き物です。面倒なことはしたくないものです。お尻に火がつかないと動かないものです。でも、お尻に火が点けば誰でも動きます。動かなければ燃えてしまいますから。

それではどうすればお尻に火をつけることができるのか。それは、「緊急性」を前面に打ち出すことです。人は緊急性がないと動きません。たとえ、目の前に人参がぶら下がっていても、多くの人は動きません。

人参をぶら下げるよりも効果的なのがお尻に火をつけることです。「緊急性」はお尻に火をつけます。例えば、テレビなどで「緊急告知!」と打ち出すと、多くの人が反応します。なぜかというと、緊急告知を逃すと損をする可能性があるからです。

人は損をしたくないと思う生き物です。損をしたくないと思う気持ちは、快楽を得たいと思う気持ちよりも強く働きます。「緊急性」を打ち出すことで、この緊急事態を逃すと損をすると思わせることができます。「緊急告知!」や「緊急!」、「至急!」といった言葉は人を動かします。

【店舗をより良くしたい人へ】Facebookで『店舗カイゼン委員会』と検索するとグループが表示されます。『グループに参加』をクリックすると無料で参加できます。店舗をより良くしたい人が集まる新しいコミュニティです。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら