下取り販売をすることで、買い替え需要を喚起することができます。特に高額商品の場合、たとえ不要になったとしても利用者はなかなか手放すことができないものです。もしかしたらまた使うかもしれない、捨てるのは勿体無いといったように考えてしまいます。

下取り販売は、利用者が感じるそういった躊躇や罪悪感を和らげる効果があるといえます。不用品を処理するには手間がかかりますが、下取りすることで、その手間を店側が代行する形になります。それにより、利用者は手間を省くことができます。下取りは利用者にとってありがたい制度といえるでしょう。

・下取り品と引き換えで、高額商品購入で半額販売する

・下取り品と引き換えで、10%OFFクーポンを発行する

・下取りキャンペーンを期間限定で行い、集客につなげる

・割り引きされた新商品を箱詰めで宅配し、下取り品を箱に入れ替えてもらい、そのまま配送員が回収する

・他社製品の下取りも行い、幅広い消費者を取り込む

下取りを行うことで、社会に役立つ活動を行なっている店という評価を得ることができます。下取りした品をリユースする形で、被災者支援や途上国支援といった社会貢献活動を行うこともできます。店と利用者、社会の三者にメリットがある「三方良し」の活動といえるでしょう。

【店舗をより良くしたい人へ】Facebookで『店舗カイゼン委員会』と検索するとグループが表示されます。『グループに参加』をクリックすると無料で参加できます。店舗をより良くしたい人が集まる新しいコミュニティです。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら