競合との差別化を図るには、商品・サービスの質の違いや価格の安さを強調するのが普通です。商品・サービスが競合とどう違うのか、価格が競合とどう違うのかをアピールするのが一般的です。しかし、商品・サービスや価格だけで差別化を行うこともなかなか難しくなっています。

さらにプラスアルファのものが必要になりますが、そのプラスアルファを打ち出すのに簡単で有効な方法があります。それは「スピード対応」です。世の中には、多少品質を落としてでも、多少価格が高くても、とにかくスピード対応して欲しいと思う人はいるものです。

・24時間以内に必ずお返事します!

・30分以内に急行します!

・1時間以内でスピード仕上げします!

・地域で一番早く対応します!

・特急仕上げが自慢です!

・2日以内に取り寄せ可能です!

これらのように、競合にはない「スピード対応」を売りにすることで大きな差別化を図ることができます。具体的な時間を入れた方がベストですが、場合によっては「至急」や「最短で」といった表現でも大きな効果を見込めます。消費者のためにスピード感をもって対応していることを訴求することで、消費者の心をつかむことができます。

【店舗をより良くしたい人へ】Facebookで『店舗カイゼン委員会』と検索するとグループが表示されます。『グループに参加』をクリックすると無料で参加できます。店舗をより良くしたい人が集まる新しいコミュニティです。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら