集客の手段として「セール」を行う店は少なくありません。「バーゲンセール」「決算セール」「周年セール」といった様々な種類のものがあります。セール目当ての消費者を集客することができます。

セールは一時的な集客を実現できます。しかし、セール後は反動により客足が遠のいてしまうことが少なくありません。大手流通企業によるセール後の落ち込みについて、新聞などで「セールの反動減」といった言葉を見かけることがあるかと思います。セール後の反動は大手流通企業をも悩ます問題となっています。

セール後は客足が遠のきます。セールの副作用といえるでしょう。そこで、セール後の落ち込みを防ぐ方法の一つを紹介します。それは、セール期間中の購買客に「セール後に使えるクーポン」を配布することです。セール終了から2〜4週間後に期間限定で使えるクーポンを作成し、配布します。

セールで購買した顧客の次の来店までの間隔は大きく空くのが一般的です。そこで、その間隔より短く設定された期間内で使用できるクーポンを配布します。それにより、セールで購買した顧客の再来店の間隔を短くすることができます。セール後の落ち込みを最小限に抑えることができます。

セール後に使えるクーポンはリピート率を高める効果があります。また、顧客満足を高める効果もあります。効果的に活用することでセール後の集客を実現することができます。

【店舗をより良くしたい人へ】Facebookで『店舗カイゼン委員会』と検索するとグループが表示されます。『グループに参加』をクリックすると無料で参加できます。店舗をより良くしたい人が集まる新しいコミュニティです。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら