消費者は購買前に商品・サービスを試したいものです。欲しい商品・サービスがどういったものなのか、味はどのようなものなのか、どのような感触なのか、自分に合うのかどうかなどを事前に知りたいのです。

消費者が商品・サービスの購入で失敗したくないと思うのは当然の事でしょう。試す事により、不安が解消され、前にも増してその商品・サービスが欲しくなり、自分のものにしたいと強く思うものです。好きなだけ、存分に試す事ができるようにしておきましょう。

・新商品を試食できるようにする

・積極的に試着をお勧めする

・お試し用のサンプル品を陳列する

・サンプル品を配布する

・体感コーナーを設ける

・包装から出して中身を触れられるようにする

試す事ができるようにするには費用がかかるため、躊躇してしまう方は少なくないのかもしれません。しかし、かかる費用以上に売り上げを上げる事ができます。購買前に試す事ができる店と認識してもらう事ができれば、顧客は気軽に店に立ち寄る事ができるため、集客に繋がります。

【店舗をより良くしたい人へ】Facebookで『店舗カイゼン委員会』と検索するとグループが表示されます。『グループに参加』をクリックすると無料で参加できます。店舗をより良くしたい人が集まる新しいコミュニティです。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら