料金を定額にすることで料金体系が明確になり、顧客は安心して商品・サービスを購入することができます。

例えば、携帯電話の一部のサービスの料金体系は非常に複雑です。プランによって細かい部分で料金が違ったり、場合によっては追加の料金が発生したりします。恐らく携帯電話を販売する販売員でさえもその料金体系を完全に説明できる人はほとんどいないほど、複雑だったりします。

そういった携帯電話の一部サービスの複雑な料金体系がある中で、携帯電話会社は定額サービスも導入しています。月額◯◯円で、通話し放題、通信し放題といった定額サービスです。

複雑な料金体系の中に分かりやすい定額サービスを入れることで、分かりやすい定額サービスに誘導しているともいえます。定額サービスは非常に有効です。

・月額◯◯円で使い放題

・◯◯し放題

・◯◯円で飲み放題

・◯◯食べ放題

・1ヶ月◯◯し放題

・◯◯円で1年間保証

消費者は複雑な思考を嫌います。定額サービスは得になると考えます。定額サービスで単価を上げることができます。定額サービスという安心感があって集客を見込めます。

【店舗をより良くしたい人へ】Facebookで『店舗カイゼン委員会』と検索するとグループが表示されます。『グループに参加』をクリックすると無料で参加できます。店舗をより良くしたい人が集まる新しいコミュニティです。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら