レシートを有効活用しているでしょうか。ほとんどのお店では、何の工夫をすることもなく、いたって普通に普通のレシートを配布しています。でもこれって、すごくもったいないことです。レシートは上手く活用すれば、強力な販促ツールになり得ます。

・レシートに割引券を印字し、割引券として利用する

・レシートに新商品、新サービスを記載して、宣伝ツールとして活用する

・レシートに感謝の気持ちを表したメッセージを記載し、顧客との関係性を強化する

・レシートにQRコードを印字し、ホームページに誘導する

例えば、スターバックスでは一定の割合で当たりレシートが出ます(2016年9月19日に確認)。当たりレシートが出た場合、Webサイト上でアンケートに答えると、ドリンクが何でも1杯無料になります。

当たる確率は50分の1とも1500分の1とも言われています。スターバックスとしては、アンケート収集もでき、顧客に喜んでもらえるので、サービスの向上と顧客との関係性強化を図ることができます。

スターバックスファンが増え、スターバックスに足を運ぶ顧客が増えていきます。レシートを有効活用している例といえるでしょう。

【店舗をより良くしたい人へ】Facebookで『店舗カイゼン委員会』と検索するとグループが表示されます。『グループに参加』をクリックすると無料で参加できます。店舗をより良くしたい人が集まる新しいコミュニティです。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら