人は感情が豊かな生き物です。感情を元に思考し行動します。それは商品・サービスの購買においても同じです。購買は感情に大きく左右されます。同じものが二つあったとして、感情を揺さぶる訴求があるものとないものとでは、売れるのは圧倒的に前者でしょう。

今は商品・サービスが溢れ返っている時代です。人の物欲は低下していると言われています。なくても困らないものが増えています。モノ自体が購買の決め手とはなりにくくなっています。少なくとも、重要性は低下しています。そのため、消費者の感情が購買の決め手となり、その重要性は年々高まっているのです。

簡単に消費者の感情に訴えかけることができる方法があります。それは、五感を表現する言葉を使うことです。消費者の感情は五感から呼び起こされます。視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の五感から情報を得て感情が決まります。そのため、消費者に対する訴求は五感に訴えかけたものである必要があります。

・「今にもライオンが飛び出しそう!」といった表現でライオン柄のTシャツを訴求する

・「川のせせらぎの音が脳に流れるかのような心地よさ」といった表現で枕を訴求する

・「ハワイの香りが漂うような、空間」といった表現でアロマテラピー専門店を訴求する

・「コクがあるのにキレが鋭い」といった表現でビールを訴求する

・「舌の上に乗せた瞬間、ジュワッと瞬く間に旨味が広がるステーキです」といった表現でステーキを訴求する

豊かな表現方法で訴求することで消費者の五感に訴えかけることができます。表現方法は巷に溢れている表現を参考にするといいでしょう。大手企業によるテレビCMや雑誌広告といった媒体で使われている表現を真似てもいいかもしれません。自店用にアレンジするのです。もちろん、独自の表現を開発してもいいでしょう。いずれにしても、表現次第で売り上げは大きく変わります。表現豊かなフレーズを開発しましょう。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます