人生は「チャレンジ」することに意味があると言われます。特に「若者」に対してチャレンジすることの重要性を説かれることが多いでしょう。クラーク博士が言ったとされる「少年よ、大志を抱け」が代表格でしょうか。

私は、チャレンジすることは何も若者に限ったことではないと思っています。何歳であってもチャレンジすることは大事なことではないでしょうか。中高年も年寄りも同様です。

確かに若ければ若いほど、失敗しても再チャレンジしやすいとは思います。それでも、チャレンジすることの重要性は世代を超えたイシューであると考えます。何歳であってもチャレンジすることは大事だと私は思います。

チャレンジするにはリスクを取らなければなりません。しかし、リスクが存在することにより、リスクを克服しようとする意識が強く働くことで、普段以上の能力を発揮することができます。

チャレンジにはリスクがつきものです。そして、失敗することもあります。しかし、失敗なんて大した問題ではありません。失敗を楽しむぐらいの余裕が必要です。

■ 思っているほど他人はあなたに注目していない

他人の目が怖くて失敗したくないと思う人は少なくはないと思います。でも、当人が思っている以上に他人は他人に無関心です。他人の目を気にする必要はありません。「他人にどう見られるのか」ということよりも、「自分自身がどうしたいのか」ということの方が何十倍も大事です。

そうはいっても、他人の目がどうしても気になってしまうというのも理解できます。そこで、「チャレンジしている自分を他人に見てもらう」と考えてみてはいかがでしょうか。

人は成功者だけを見たいのではありません。もちろん、成功者を見たいという人もいます。一方で、成功しているとまではいえないが、成功に向かって努力している人、チャレンジしている人を応援したいと思っている人は少なくありません。

■ 都合よく解釈することで世界が変わる

応援してくれている人は必ずいます。言葉には表さなくとも、心の中で応援している人もいます。それは勝手な想像かもしれません。もしかしたら応援している人はいないのかもしれません。しかし、勝手に思い込むということも大事なことです。「きっと誰かが応援してくれている」と。都合よく解釈することも時には必要です。

一度きりの人生です。やりたいことをやるべきです。やりたいことをやるにはチャレンジが必要です。何も恐れる必要はありません。そうはいっても、恐れる心理は理解できます。恐れをゼロにすることはできないのかもしれません。でもやはり、何も恐れる必要はありません。今の日本であれば死ぬことはありません。失敗してもたかが知れています。

「チャレンジ」するということは尊いことです。私はそう思います。

【店舗をより良くしたい人へ】Facebookで『店舗カイゼン委員会』と検索するとグループが表示されます。『グループに参加』をクリックすると無料で参加できます。店舗をより良くしたい人が集まる新しいコミュニティです。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら