日本は2007年に高齢化率が21%を超え、世界でも類を見ない「超高齢社会」に突入しました。

総人口に対して65歳以上の高齢者人口が占める割合を高齢化率といいます。高齢化率が7%を超えた社会を「高齢化社会」、14%を超えた社会を「高齢社会」、21%を超えた社会を「超高齢社会」といいます。日本の高齢化率は2025年には約30%、2060年には約40%に達すると見られています。

高齢者を対象にしたビジネスは隆盛を極めています。店舗型ビジネスにおいても、一部を除き、高齢者を取り込んでいく施策を行っていくことは避けて通れない道と言えるでしょう。例えば次のような販促が考えられます。

・90歳以上は90%引き

・80歳代は80%引き

・70歳代は70%引き

・60歳代は60%引き

・60歳未満は50%引き

割引率は、それぞれ9%、8%、7%、6%、5%でもいいでしょう。もちろん、上記以外の割引率でもまったく問題はありません。年齢の区切りも制限はありません。例えば、「65歳以上はシニア割が適用」でもいいでしょう。割引だけでなく、現物支給やサービスの提供なども考えられます。

実施時期は、敬老の日や年金支給日に合わせて実施すると効果的です。敬老の日は9月の第3月曜日です。年金支給日は、2月、4月、6月、8月、10月、12月の各15日です。

【店舗をより良くしたい人へ】Facebookで『店舗カイゼン委員会』と検索するとグループが表示されます。『グループに参加』をクリックすると無料で参加できます。店舗をより良くしたい人が集まる新しいコミュニティです。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら