店舗で季節感を演出することは非常に重要です。季節によって食べるものが変わり、着る洋服が変わります。秋には秋刀魚が美味しく、夏には半袖の服を着ます。

日本には季節に応じたイベントがたくさんあります。春の入学シーズン、夏の花火大会、秋の紅葉、冬のクリスマスといったように季節の行事が数多く存在します。日本人は季節感に敏感といえるでしょう。

「そろそろ秋刀魚が美味しい季節ね」

「コートを取りだそうかしら」

「お正月の準備をしなきゃ」

季節についての思いを巡らせながら人々は街を行き交っています。そういった人々の意識に訴えるために店舗で季節感を演出する必要があります。ただ、店内で季節感を演出していても、店頭では季節感を演出していないケースが少なくありません。

店頭で季節感を演出することで集客を実現できます。購買意欲を掻き立てることができます。季節に合わせたデコレーションを行うといいでしょう。イーゼルを活用することも効果的です。季節を代表する花や植物、造花を置くこともアイデアとして考えられます。

季節感の演出は先取りして行うと効果が高まります。「そろそろ○○の季節か」と思ってもらうことで先進性を訴求することができます。季節を先取りするために、季節のイベントや旬の情報などを記載した年間のスケジュール表を用意するといいでしょう。スケジュールに沿って季節感を演出していくのです。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます