日本マクドナルドは12月19日、「チキンマックナゲット クリスマスキャンペーン」を12月23日〜25日の3日間限定で開催すると発表しました。チキンマックナゲット30ピースを33%引きの税込750円で販売します。

今回のキャンペーンでは、クリスマスを迎える3日間において、家族や友人とのパーティーでシェアしながらチキンマックナゲットを楽しむことを提案しています。クリスマスシーズンは鶏肉の消費が増える期間でもあるため、鶏肉を材料とするチキンマックナゲットをこの時期に打ち出すことで販売につなげたい考えがあるようです。

お笑い芸人のダンディ坂野氏の「ゲッツ」を思わせる、正体不明の「怪盗ナゲッツ」の「ナゲッツ」ポーズを取り入れたパーティーゲーム「怪盗ナゲッツゲーム」を店内掲示ポスターやテレビCMで紹介するなどしてキャンペーンを盛り上げています。

今回のキャンペーンはマクドナルドの今後を占う試金石となります。というのも、チキンマックナゲットは「鶏肉」を使用している商品だからです。鶏肉といえば、2014年7月に発覚した期限切れの鶏肉を使用した問題を連想することができます。

マクドナルドは14年7月に期限切れの鶏肉を使用したことで信用を失墜させました。同問題などにより、14年12月期の売上高は前年同期比14.6%減の2223億円にまで落ち込みました。同期の最終損益は218億円の赤字です。尾を引く翌15年12月期の最終損益は349億円の赤字となっています。鶏肉の問題によりマクドナルドの業績は大きく悪化しました。

マクドナルドは鶏肉に対して苦い思い出があります。そのため、今回のキャンペーンは他のキャンペーンとは違った意味合いがあると考えることができます。鶏肉の問題を克服するには鶏肉の問題を避けて通ることはできません。鶏肉の問題から正面に向き合うことが求められていたといえます。

期限切れの鶏肉を使用した問題から2年以上経過しました。マクドナルドの業績は回復傾向を示しています。16年1〜9月期の売上高は20.1%増の1652億円、最終損益は32億円の黒字となっています。世間の記憶も薄れかかっています。そうした状況の中、鶏肉を使用した商品のキャンペーンで終止符を打とうとしています。

このキャンペーンが成功すれば、世間に対して「マクドナルドの鶏肉は安心できる」と明確に示すことができます。成功しないのであれば、「マクドナルドの鶏肉は安心できない」と消費者がまだまだ感じていることを示していることになります。そういう意味でも、今回のキャンペーンをマクドナルドは何としても成功させなければならないといえるでしょう。

果たして、マクドナルドは今回のキャンペーンで消費者の信頼を「ゲッツ」(獲得)できるのでしょうか。チキンマックナゲットの売れ行きが注目されます。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます