「来て欲しければ迎えに行くべき」という考え方があります。店で待っているだけで集客ができていないのであれば、来て欲しい人の所に出向いて店まで連れて行く必要があります。見込み客を迎えに行くべきといえます。

繁華街で居酒屋などの従業員が客引きしているのを見かけることがありますが、これは「来て欲しければ迎えに行くべき」の最たる例といえるでしょう。見込み客をただ待っているだけでは集客できません。見込み客がいるところに出向いて積極的にアピールし、店に引き込む必要があります。

・移動販売を実施する

・催事場に臨時出店する

・宅配を実施する

・企業や住宅を訪問し、パンフレット等を置かせてもらう

・無料相談会を実施する

・他店に販売代行を依頼する

流通網を自店やインターネット販売だけに限定する必要はありません。視野を広げて、流通網を拡大できないか検討する価値はあります。見込み客がいるところに出向いていきましょう。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます