今年はおそらく店舗型ビジネスのあり方が大きく変わる年になるのではないかと思っています。AIやIoT、VR、ARなどにより、デジタル化やロボット化が大きく進展する年になる可能性があります。

アマゾンはAI食料品店「Amazon Go」を17年に開始すると発表しました。アマゾンは貨物飛行船を上空に飛ばしてそこからドローンで商品を配送する構想で特許を出願しています。ハウステンボスのロボットが接客する「変なホテル」が好調です。ニトリはロボット倉庫を導入し、作業効率を向上させています。

■ 生産性の向上がカギ

デジタル化やロボット化で一つのキーワードとなるのが「生産性の向上」です。効率的にビジネスを推進できるのかが問われることになります。デジタル化やロボット化を進めた店舗は飛躍的に生産性が高まります。そうでない店舗とは大きな開きが出てくるでしょう。

今年を含めた近未来は、産業革命以来の大きな転換期になる可能性があります。産業革命では多くの肉体労働者の職を奪いました。今起きているデジタル革命ともいうべき変革は知識労働者の職をも奪おうとしています。ビジネスのあり方が大きく変わろうとしています。

デジタル化やロボット化による生産性の向上により、アマゾンは新たな流通網や顧客を獲得できます。変なホテルは接客にかかる人件費を抑えることに成功できています。ニトリは倉庫作業にかかる人件費を抑えることに成功しています。

少子高齢化の進展で経済のパイは、大きな拡大は望めそうにありません。であれば、生産性の向上を進めて競争力を高めることが必然的に求められます。そのことを示すのが、政府による「働き方改革」でしょう。

生産性の向上の鍵はデジタル化やロボット化にありそうですが、一方で旧来的な効率化の必要性も問われると思われます。働き方改革で提唱されている、長時間労働の是正や業務改善が求められます。デジタル化やロボット化以外の部分での生産性の向上も必要です。

いずれにしても、2017年は大きな変革が訪れる年になりそうです。

【店舗をより良くしたい人へ】Facebookで『店舗カイゼン委員会』と検索するとグループが表示されます。『グループに参加』をクリックすると無料で参加できます。店舗をより良くしたい人が集まる新しいコミュニティです。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら