ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は期間限定で、学生旅行者向けの新たなキャンペーンを実施すると発表しました。

2017年2月1日から3月31日までの間で、関西2府4県以外の地域に在住もしくは在学の学生が対象です。翌年同期間の2018年2月1日から3月31日までに同じメンバーで来場すると全員の専用チケットが無料になります。

USJの来場者の大半は関西地区からです。運営会社のユー・エス・ジェイが上場廃止になる前直近の2009年3月期有価証券報告書によると、関西地区からの入場者で全体の3分の2程度を占めるとなっています。おそらく、現在も割合は同程度と考えられます。

USJは関西地区の影響を強く受けるため、関西地区の経済の停滞や人口の減少により業績が悪化するリスクを抱えていました。そのため、関西地区以外からの入場者数を増やすことが課題となっていました。

今回発表のキャンペーンは、関西地区以外の人にもっと来場してもらいたいという意図があると思われます。また、2月と3月は家族連れの入場者が減少するため、若年層で補う意図もありそうです。これら2つの課題を克服するキャンペーンといえるでしょう。

学生が対象のため、学生のリピート率を向上させることができます。また、将来の顧客として定着させることもできます。ライフサイクルが長い若年層顧客の育成策でもあります。

特定の顧客層だけに頼る経営は危険です。ある程度の規模に成長するまでは特定の層に集中することは致し方ない面がありますが、一定規模になってからは顧客層を分散化してリスクの低減を図る必要があります。

また、閑散期やアイドルタイムに顧客を呼び込む施策を打つことも重要です。需要を平準化することで資産や人員の効率化を実現することができます。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます