家具小売り世界最大手イケアの日本法人イケア・ジャパンは1月19日より、家具の下取りサービスを開始しました。不要になった家具を引き取り、状態に応じた査定金額分のイケアで使えるプリペイドカードを発行します。

下取りサービスの流れは次の通りです。

利用者はウェブサイト上の査定申請フォームに必要事項を入力し、対象家具の画像を添付して査定を申し込みます。イケアが家具を査定し、査定額が通知されます。査定された家具をイケアの店舗に持ち込むとプリペイドカードを発行してもらえます。他社製品や屋外で使用された商品、ベッド、ベビー用家具などは対象外です。

下取りされた家具は修繕してアウトレットコーナーで販売されます。試験導入したイケア新三郷では2016年2月1日〜12月24日までの間で、下取りした家具の92%をアウトレット販売しました。

イケアは下取りサービスを行うことで買い替え需要を掘り起こす狙いがあります。また、イケアグループは経済的発展を実現することはもちろん、環境や社会的側面においても持続的に貢献することを戦略的に行っていますが、下取りサービスをその戦略の一環として位置付けています。イケアは環境と社会に貢献している企業というイメージを消費者に訴求する狙いがあります。

【店舗をより良くしたい人へ】Facebookで『店舗カイゼン委員会』と検索するとグループが表示されます。『グループに参加』をクリックすると無料で参加できます。店舗をより良くしたい人が集まる新しいコミュニティです。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら