ターゲットとする顧客において、女性が多いのか男性が多いのかで店の造りや販促は異なるものになります。女性が多いのであれば、女性を意識したものにする必要があります。男性が多いのであれば、男性を意識したものにする必要があります。

一般的に、女性は右脳的で男性は左脳的と言われます。右脳は主に感性や感覚を司り、左脳は主に論理的思考や言語処理を司ります。そのため、女性が多い店では、店の造りや販促は感性や感覚で訴えるようにすると効果的です。男性が多い店であれば、論理や言語、数字で訴えるようにすると効果的です。

店の造りであれば、女性が多い店であれば、温かみのある暖色系を多用し、丸みのある構造物やインテリアを採用します。男性が多い店では、モノトーン系を基調としても抵抗感はなく、直線的、先鋭的な構造物やインテリアが好まれます。

看板、メニュー表、チラシといった販促物では、女性が多い店では、写真やイラストを多用すると効果的で、メッセージは手書きが好まれます。男性が多い店であれば、商品・サービスの説明を文字でしっかり表記することが好まれます。

右脳的な店にするか左脳的な店にするかは、顧客の男女比によって決まります。ただ、購買の決定権はどちらかといえば女性にあります。ファミリーやカップルの場合、女性の意思が優先される傾向にあります。であれば、女性が好む右脳的で感覚的な店にした方が無難といえます。

女性を取り込むために、イメージ訴求を重視します。写真やイラストを積極的に活用します。看板やメニュー表、チラシといった販促物では、半分以上のスペースを写真やイラストで割きたいところです。おしゃれなインテリアを多く配置します。

加えて、花や植物を店内と店外に置き、華やかさを演出します。女性は男性と比べて、花や植物を好む傾向にあるからです。また、花や植物をしっかり育てることで、生き物を大切にする店という評価を得ることもできます。

いずれにしても、顧客層に合わせて右脳的な店にするか左脳的な店にするかを決めましょう。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます