ファミリーレストラン最大手のすかいらーくは、2018年春入社から高卒以上の学生の希望者に対して卒業後5年間までを新卒として扱います。2012年4月から2018年3月に卒業及び卒業見込みの人が対象です。

新卒を卒業後5年間まで拡大することで、他社では中途扱いの人も新卒扱いになります。ただし、同じ新卒でも年齢により初任給は異なります。

同社はクルー(パート・アルバイト)の正社員登用を拡大する狙いがあるようです。新卒枠を拡大することで、他社で働いている同社を退社したクルー出身者の採用につなげることができます。同社の中途入社者は80%以上がクルー出身です。新卒でもクルー出身者比率を80%に引き上げる計画を示しています。

飲食業界では人手不足が深刻です。人材の争奪戦が激化しています。そういった環境下で同社は出店を加速させる方針を示しています。2017年〜2019年の3年間で約450店の新規出店(閉店を除いたネット出店数は約350店)を計画しています。人材確保が急務といえます。

同社はクルーを対象に全国で入社説明会を開催するなど、クルーの正社員化を積極的に進めています。また正社員とクルーを対象に、65歳までの定年延長と65歳以降70歳までの再雇用制度を新設するなど、従業員の安定雇用に努めています。

新卒の対象枠を5年間まで拡大することで雇用を確保します。他社が追随することもありそうです。こうなると新卒と中途の違いがなくなるようにも思えますが、それはさておき、新しい雇用のあり方が示されたといえそうです。

【女子大生のハンバーガー店経営物語】マイケル・E・ポーターの『競争の戦略』と『競争優位の戦略』のエッセンスがわかる一冊。はたしてすみれはハンバーガー店を立て直すことができるのか。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら