ユニクロは3月17日より、組み合わせが2,112通りのセミオーダー感覚で選べる女性向けのジャケットを9,990円(税別)で販売すると発表しました。体型や好みに合う一着を提供します。

同じ素材のスカート(税別2,990円)とパンツ(税別3,990円)を用意し、上下セットでも購入できるようにします。スーツとして上下で揃えても12,980円〜13,980円(税別)という求めやすい価格設定です。

ジャケットは、サイズやボタンの数、着丈、袖丈、色柄を自由に組み合わせができるようにすることで豊富なバリエーションを実現しました。全国の121店舗で店員が採寸します。オンラインストアでは、二度目以降の購入はサイズの再入力をせずに注文できます。

ユニクロは男性向けのセミオーダーシャツを15年8月に、セミオーダージャケットを16年1月に発売しています。

今はオーダーメイドといったカスタマイズされた製品が好まれる時代です。商品を画一的に大量生産することで成長してきたユニクロが、カスタマイズされた製品の供給に舵を切ったことは注目に値するといえます。

これは中小規模の企業でも求められていくことでしょう。顧客一人ひとりの好みにあった商品・サービスを開発し提供していく必要があるといえそうです。

【女子大生のハンバーガー店経営物語】女子大生の水谷すみれが、売り上げ低迷のハンバーガー店を立て直す経済小説。普通の大学生のすみれは経営理論を駆使して、巨大な敵に立ち向かっていく。マイケル・E・ポーターの『競争の戦略』と『競争優位の戦略』のエッセンスがわかる一冊。はたしてすみれはハンバーガー店を立て直すことができるのか。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら