支払いのし易さは購入率に大きく影響を与えます。支払いがし易い方が購入率は高まります。支払いがし難いのであれば購入率は下がります。支払いが面倒なために購入を見送る人は少なくありません。支払いが簡単にできるようにし、多様な支払い方法を提示することで、消費者のためらいは低減します。

・クレジットカードで支払いができるようにする

・電子マネーで支払いができるようにする

・商品券で支払いができるようにする

・コンビニ決済で支払いができるようにする

・分割払いができるようにする

・ローン制度を設ける

・代金引換で購入できるようにする

・電話一本で購入できるようにする

・ネット販売ではワンクリックで購入できるようにする

・支払いに関する手数料を無料にする

クレジットカード払いなどに対応する場合、基本的に手数料がかかります。ただ、支払いがし易くなることで得られる利益は手数料を上回ることが一般的です。低額の手数料であれば必要経費とみなすべきです。支払い方法の多様化を図ることで利便性を高めるべきといえるでしょう。

【店舗をより良くしたい人へ】Facebookで『店舗カイゼン委員会』と検索するとグループが表示されます。『グループに参加』をクリックすると無料で参加できます。店舗をより良くしたい人が集まる新しいコミュニティです。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら