紹介キャンペーンは強力な販促です。既存顧客に家族や友人、知人を紹介してもらいます。紹介される人としては、身近な人がすでに利用したことがある店の紹介なので安心感を覚えます。来店のハードルは大きく下がるでしょう。

紹介した人と紹介された人の双方に割引などの特典を与えます。双方にメリットがあるため、新規顧客を獲得できることに加え、紹介者のリピート率も高まります。費用対効果が高い販促といえるでしょう。

紹介キャンペーンを行う場合、紹介する人と紹介される人が誰と誰なのかを明確に確認できるようにする必要があります。そのため、紹介者は自店の会員であることが望ましいでしょう。会員番号や名前などと紐付けて管理します。会員制を設けていないのであれば、紹介IDを付与するなどして対応します。

例えば、会員番号「100」の会員に会員番号の「100」が印字されたクーポンを渡し、そのクーポンを家族や友人、知人に配ってもらいます。そのクーポンを持って来店した人に対して割引などの特典を付与します。その利用履歴を記録として残し、その会員が来店した場合には紹介履歴を確認した上でその会員にも割引などの特典を付与します。

紹介IDで管理する方法では、例えば紹介ID「100」が印字されたクーポンを配布します。クーポンは紹介する人用と紹介される人用の2種類を用意します。あとの運用方法は、会員番号などで管理する方法と一緒です。

クーポンは紙のクーポンでもいいですし、ウェブ表示のクーポンでもいいでしょう。仕組みは一緒です。

【店舗をより良くしたい人へ】Facebookで『店舗カイゼン委員会』と検索するとグループが表示されます。『グループに参加』をクリックすると無料で参加できます。店舗をより良くしたい人が集まる新しいコミュニティです。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら