業種・業態によっては、「子供」の来店が大きなビジネスチャンスになります。子供からの直接的な支出を期待できますが、それ以上に子供と同伴する大人からの支出が期待できます。

近年は子供にかける支出が増加傾向を示しています。少子化の影響で子供の数は減っていますが支出は減っていません。家計全体の支出が伸び悩むなかにあって、これは重要な傾向といえるでしょう。

子供を呼び水にして、合わせて大人自身への支出を見込むことができます。子供が喜ぶことで、ついつい大人の財布の紐は緩むものです。大人向けの商品・サービスを購買してもらうことが期待できます。

ファミリーで来店してもらうためにも、子供に対するサービスを強化することは重要といえます。

・子供向けの商品やサービスを開発する

・子供用料金を設定したサービスを開発する

・子供用の椅子やテーブル、食器を用意する

・子供との記念撮影ができるサービスを提供する

・「○○を集めると△△が貰える」サービスやキャンペーンを実施する

・おもちゃで遊べたりゲームができたりする「キッズコーナー」を設ける

・子供が主役のイベントを開催する

・着て遊ぶことができる子供用のコスチュームを用意する

・子供の誕生日を祝う

子供が喜ぶサービスを提供しましょう。家族単位での来店が期待できます。消費を喚起することができます。

【店舗をより良くしたい人へ】Facebookで『店舗カイゼン委員会』と検索するとグループが表示されます。『グループに参加』をクリックすると無料で参加できます。店舗をより良くしたい人が集まる新しいコミュニティです。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら