商品の情報を意図的に明らかにしないことで、注目を集めることができます。見た目や商品名、価格、機能、効能といった情報が明らかでないと、消費者はその明らかでない部分を知りたいと思うようになります。そのため、全てを明らかにしないことで消費者の注目を集めることができます。

こうした手法を「ティーザー広告」や「じらし広告」と呼びます。例えば、商品の全部または一部をシルエットにしたり遠景にしたりして、意図的に全容が分からないようにします。情報を小出しにする場合もあります。発売時や一定期間を経てから全容を明らかにします。

・商品を黒塗りで表示して詳細が分からないようにする

・商品名の一部または全部を伏せる

・最初は発売日だけを告知し、その後は段階的に商品の特徴を公開し、最後に見た目と商品名を公表する

・ストーリー仕立ての広告を作成し、ストーリーが進むにつれて情報を小出しにする

・商品名と発売日だけを告知し、「詳しくは店頭で」と訴求して来店を促す

・特長だけを表示し、それ以外の情報は全て伏せる

情報の露出を最小限にし、情報を小出しにすることで消費者の期待を膨らませることができます。消費者は想像をかきたて、興味を持つようになります。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます