YouTubeなどの動画共有サイトが発達し、スマートフォンやデジタルビデオカメラなどの撮影機器が充実したことにより、簡単に動画で広告を作成できるようになりました。通信回線の高速化により、動画の視聴や投稿も容易にできるようになりました。

文字や画像では伝えられない情報を動画で伝えることができます。動きや音声といったクリエイティブな情報を盛り込むことができます。よりリアルな情報を伝えることができます。商品・サービスや店に対する視聴者の認知度や理解度が格段に高まる媒体といえます。

動画の作成は、専門会社に依頼する場合と、自社で作成する場合とがあります。クオリティの高い動画を作成したい場合は専門会社に依頼するといいでしょう。低コストで作成したい場合は自社で作成するといいでしょう。

【店舗をより良くしたい人へ】Facebookで『店舗カイゼン委員会』と検索するとグループが表示されます。『グループに参加』をクリックすると無料で参加できます。店舗をより良くしたい人が集まる新しいコミュニティです。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら