人は親しみがわくものを受け入れます。親しみがわかないものを敬遠します。そのため、店にあるものをあえて親しみがわくものに変えることで顧客に親近感を抱いてもらうことができます。

例えば、「オリロー」と呼ばれる避難はしごがあります。ビルやマンションなどに設置されています。「オリロー」は「降りろ」をもじっています。呼び名をオリローにすることで親しみを持ってもらうことができます。顧客に親近感を抱いてもらうことができるので、存在を覚えてもらうことができます。緊急事態が発生した際に、オリローの存在を思い出してもらうことができます。

オリローのように店にあるものを親しみがわくものにすることで、店の認知度と好感度を上げることができます。

・レジに名前をつけて名札を貼る

・方向を示す記号の矢印を指差しのイラストに変える

・店員の名札を「○○くん」「○○さん」に変える

・販促物にイラストを多用する

・販促物は手書きにする

・販促物の文字は丸文字を多用する

店に親しみがわかない無機質なものがないかを確認し、もしあれば、親しみがわくものに変更できないか検討してみましょう。

【店舗をより良くしたい人へ】Facebookで『店舗カイゼン委員会』と検索するとグループが表示されます。『グループに参加』をクリックすると無料で参加できます。店舗をより良くしたい人が集まる新しいコミュニティです。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら