本を広告媒体として利用する方法があります。読み物としての本を出版するのではなく、広告媒体としての本を出版します。

店の経営者が書いた本を店頭に並べている店を見たことはないでしょうか。店の成功談や秘伝のレシピなどを載せた本を並べているところがあります。これらの本は一般的な本とは異なる意味合いを持ちます。本を広告として利用している点で異なります。

店が本を出版する目的は大きく二つあります。一つは店のブランディングとして出版します。「本を出版するほどの店」という評価を得るために出版します。「本を出版する人はすごい人」という認識が一般的にあるため、そのように思う人に対して強く訴求することができます。そのためブランドイメージは高まります。

もう一つは、店の存在を知らしめるために本を出版します。本を通じて店を知った人の来店が見込めます。本の場合、チラシなどよりも多くの情報量を載せることができるため、来店率は高くなるといえるでしょう。集客を実現できます。

電子書籍の普及により簡単に本を出版できる時代になりました。紙の本を出版するには多額の費用がかかりますが、電子書籍であれば低コストで出版することができます。電子書籍を紙の本にすることもできます。

紙の本にしろ電子書籍にしろ、本を出版することで店のブランドイメージが向上します。そして集客を実現できます。

【店舗をより良くしたい人へ】Facebookで『店舗カイゼン委員会』と検索するとグループが表示されます。『グループに参加』をクリックすると無料で参加できます。店舗をより良くしたい人が集まる新しいコミュニティです。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら