人間は怠惰な生き物です。今やらなくてもいいことは後回しにしてしまうものです。子供の頃、夏休みの宿題や課題をぎりぎりまで先延ばしにしたことはないでしょうか。遊んでばかりいたら宿題や課題が山積みになっていることに気がつき、最後の方で必死にこなしたということはないでしょうか。

先延ばしは人間の本能です。これは消費行動にも如実に現れます。購入を先延ばしにしてしまい結局は購入しないといったことが頻繁に起こります。「そのうちに買うから今買う必要はない」といった判断が繰り返された結果、結局は購入には至らないケースが少なくありません。

こうしたことを回避するためには、購入が早い方が得をする仕掛けをつくる必要があります。早く購入することに対して特典を付与することで、購入のきっかけを与えるのです。

・早期の申し込みに対して割引する

・早期の申し込みに対してプレゼントを贈る

・先着◯◯名に特典を与える

・特典付きの予約券を販売する

・お買い得な前売り券を販売する

・購入が早いほど魅力的な特典を与える

・申し込み順に好きな特典を選べるようにする

早い段階の購入者が得する仕組みにすることで消費者の買いそびれを回避することができます。

【女子大生のハンバーガー店経営物語】マイケル・E・ポーターの『競争の戦略』と『競争優位の戦略』のエッセンスがわかる一冊。はたしてすみれはハンバーガー店を立て直すことができるのか。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら