2017年度(2018年2月期)のコンビニ大手3社の出店戦略に差が見られます。セブン―イレブン・ジャパンとファミリーマートは採算重視へシフトし、ローソンは出店を強化し規模の拡大を急ぎます。

セブンイレブンの2017年度の店舗純増数は前年度と比べ2割減少し、700店の純増にとどまる見込みです。

セブンは1店舗あたりの収益力を高める方針です。店舗の改修で店内レイアウトを大幅に見直し、改装店の日販を3〜4万円引き上げる考えです。2017年度で既存店800店を中食ニーズに対応した新しいレイアウトに変更し、新店1100店で新たに導入する計画です。2021年度までに既存店だけで1万店に導入する計画です。

ファミリーマートは「サークルK」と「サンクス」の約2600店をファミマに転換し、不採算店舗は閉鎖する方針です。全体では400店超が減る見込みです。2018年8月末までにブランド転換を完了し、ブランド転換店の日販を引き上げる方針です。

ローソンは「スリーエフ」など提携先のコンビニの看板替え400店を含め、900店の純増を見込んでいます。前年度の700店強の純増と比べると大幅な増加になります。先行するセブンとファミマとの差を縮めます。

【女子大生のハンバーガー店経営物語】マイケル・E・ポーターの『競争の戦略』と『競争優位の戦略』のエッセンスがわかる一冊。はたしてすみれはハンバーガー店を立て直すことができるのか。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら