アマゾン・ドット・コムの日本事業の売上高が好調です。2016年1〜12月期の売上高は前年同期比30.7%増の107億9700万ドルとなりました。

2016年の米ドルの年間平均為替レートを108円とすると、円ベースの売上高は前年同期比17.6%増の1兆1660億7600万円となります。2011年度の5195億円(1ドル79円換算)と比べて2倍以上になっています。

アマゾン・ドット・コムの同期の売上高は1359億ドルで、日本事業の割合は7.9%となります。地域別の首位はアメリカで903億ドル(66.4%)、2位はドイツで141億ドル(10.4%)です。日本は95億ドル(7.0%)のイギリスを抜き3位に浮上しました。日本の存在感が高まっています。

【女子大生のハンバーガー店経営物語】マイケル・E・ポーターの『競争の戦略』と『競争優位の戦略』のエッセンスがわかる一冊。はたしてすみれはハンバーガー店を立て直すことができるのか。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら