トヨタ自動車は5月10日、2017年3月期の連結決算は、売上高が前年比2.8%減の27兆5971億円、本業のもうけを示す営業利益は30.1%減の1兆9943億円、最終的なもうけを示す純利益は20.8%減の1兆8311億円と発表しました。

日本市場が好調で、2017年3月期の新車販売台数は前年比21万5000台増加の227万台でした。ただ、最大市場のアメリカが微減の283万台で伸び悩みました。

 

2017年3月期の営業損益は為替変動の影響が大きく、9400億円押し下げました。強みとするカイゼン(原価改善)による4400億円の押し上げを吹き飛ばした形です。

同日発表した2018年3月期の見通しは、売上高は前年比で微減の27兆5000億円、営業利益は19.8%減の1兆6000億円としています。通期の為替レートを1ドル105円と前期実績より3円円高に設定したことが影響します。

2018年3月期は減収減益を想定していますが、投資は積極的に行う方針です。研究開発費は前年比1.2%増の1兆500億円、設備投資は7.3%増の1兆3000億円と高い水準になる見通しです。

現在の自動車産業はグーグルなど異業種が参入し競争がより激化しています。AIや自動運転車、コネクテッドカーといった新しい領域でも技術力を磨く必要が出てきています。

トヨタの業績は好調に推移してきましたが、ここにきて試練が訪れました。2期連続での減収減益が重くのしかかろうとしています。

【女子大生のハンバーガー店経営物語】マイケル・E・ポーターの『競争の戦略』と『競争優位の戦略』のエッセンスがわかる一冊。はたしてすみれはハンバーガー店を立て直すことができるのか。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら