イオンは大型のイートインを設けた店舗を増やす方針です。2017年5月16日付日本経済新聞は「イオンは食品売り場に50席以上の飲食スペースを設けた店を3年以内に約150店に倍増」と報じました。

イオンの中核企業のイオンリテールの店舗では、ほとんどでイートインを設けています。ただ、規模は20〜30席程度で小規模です。店舗を改装しスペースを拡大させることで、増加している利用者に十分な対応ができるようにする狙いがあります。

イートインを設けた店舗は広がりを見せています。スーパー各社の他、大手コンビニでの導入も進んでいます。セブンイレブンは1万店以上でイートインを設けたレイアウトに変更する計画を掲げています。

スーパーやコンビニで買った商品をその店で食べる消費習慣は今後広がっていくものと思われます。中食需要が高まるなか、すぐに食事を済ませることができ、持ち帰りの手間が省けることで支持を集めています。

ところで、アメリカでは食品スーパーで販売している食品を併設のレストランで提供する「グローサラント」と呼ばれる業態に注目が集まっています。店によっては、スーパーの食材を使った創作料理をレストランで提供するところもあります。日本でも導入されていくのではないでしょうか。

【女子大生のハンバーガー店経営物語】マイケル・E・ポーターの『競争の戦略』と『競争優位の戦略』のエッセンスがわかる一冊。はたしてすみれはハンバーガー店を立て直すことができるのか。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら