ディズニーが沖縄進出を検討しているようです。2017年5月17日付沖縄タイムスは「東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドが、キャンプ瑞慶覧のインダストリアルコリドー地区にリゾートホテルを建設する方向で検討すると政府関係者に伝えていたことが16日までにわかった。政府は支援策について調整している」と報じました。

沖縄タイムスの取材に対しオリエンタルランドは「宜野湾市への進出についてはまだ検討中」(沖縄タイムス同記事)と答えているようです。

「リゾートホテル」とあるので、テーマパークが誘致されるわけではなさそうです。ただ、2015年12月9日付読売新聞は「宜野湾市側は、ホテルやテーマパークの誘致を想定している」と報じ、「テーマパーク」の誘致意向に言及しています。

コリドー地区は2024年度以降の返還が決まっています。早期返還に向けた動きもあります。一方、別の米軍施設の普天間基地の返還と移設も決まっています。しかし、普天間基地の移設は反対運動により複雑な政治問題となっています。

2015年12月8日付日本経済新聞はディズニー誘致について「用地は、17年度中にも一部返還される見通しの同市の普天間基地の敷地のみで対応することも想定している」と報じています。

政府や移設賛成派はディズニーの誘致の話を持ち出すことで、移設反対派をけん制する狙いがあります。

オリエンタルランドとしては、沖縄にリゾートホテルを建設することで舞浜地区への一極集中から脱却したい考えです。また、テーマパークの建設が実現できれば、問題となっている東京ディズニーリゾートの混雑の緩和も期待できます。

【女子大生のハンバーガー店経営物語】マイケル・E・ポーターの『競争の戦略』と『競争優位の戦略』のエッセンスがわかる一冊。はたしてすみれはハンバーガー店を立て直すことができるのか。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら