セブン―イレブン・ジャパンは6月9日、2019年度をめどに沖縄県にセブンイレブンを出店すると発表しました。100%子会社の現地法人を2017年度中をめどに設立する方針です。

セブンは現在、全国46都道府県に出店していて、沖縄県だけが空白地になっています。沖縄県への出店で全国47都道府県への出店を達成することになります。出店から5年間で約250店を展開する計画です。

沖縄県への出店は全国制覇の他に、アジア各国への輸出拠点としての「ハブ」の役割を担う狙いがあります。アジアに近いという地理的優位性と経済特区を活用し、グループ共通のプライベートブランド(PB)商品「セブンプレミアム」を各国に輸出します。セブンプレミアムのグローバル展開も視野に入れているようです。

沖縄県への出店にあたり、新たに工場や配送センターを設け、タイムリーに商品を配送する方針です。

日本のセブンの店舗数は2万店近くで、世界では6万店を超えます。アジアでは3万店を超えていますが、今後の成長の余地はまだ十分あります。近年の成長スピードでいえば、韓国とタイ、フィリピンが他を圧倒し、店舗数が急速に増えています。中国では2000店を超える程度で、潜在的な需要がありそうです。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます