上海のベンチャー企業「盒馬(フーマー)鮮生」が店舗を倉庫にして30分での宅配を実現したようです。

2017年7月1日付日本経済新聞は「盒馬(フーマー)鮮生は店舗を倉庫に見立て、スマートフォン(スマホ)で注文した商品の『30分配送』を実現」と報じました。

アマゾンの宅配「60分以内」やドンキの「58分以内」が脚光を浴びましたが、それらよりも早い「30分」で宅配するというのです。同記事では「宅配料金は無料で『店舗から5キロメートル以内なら30分配送』」とあります。5キロメートル以内を30分で配送するというのですから驚きです。

ちなみに、イトーヨーカドーネットスーパーは「最短4時間」をうたっています。イオンネットスーパーは多くの地域で早くて3時間です。

時間の早さも目につきましたが、もう一つ目についたのが「店舗を倉庫に見立て」のところです。「フーマーはネット通販が中心で店舗は倉庫と物流基地の役割を果たす」といいます。店舗でももちろん販売していますが、倉庫としての役割が大きいのです。

店舗を構えるビジネスでは店舗販売が主体で、宅配をしているとしてもそれは付随サービスという位置づけの場合がほとんどですが、今後はそれが変わっていく可能性があります。店舗は倉庫の位置づけで、宅配が主たるサービスというビジネスモデルが台頭する可能性があります。

マクドナルドが6月29日から「UberEATS(ウーバーイーツ)」経由での宅配サービスを一部店舗で開始しました。吉野家は「出前館」での宅配を一部店舗で開始しました。大手各社が宅配ビジネスを強化しています。

宅配ニーズは確実に高まっています。とはいえ、店舗が完全な倉庫になることはあり得ないでしょう。店舗で購買したい人はたくさんいるでしょうから。

ただ、宅配の進展で店舗の倉庫化が一定の範囲内で進むことは間違いありません。今のところ大手企業での動きにとどまっていますが、やがて中小規模店にもその波が押し寄せてくる可能性は十分あります。フーマーはベンチャー企業で大手ではありません。フーマーが成功すればその波は世界の中小規模店に波及する可能性があるといえるでしょう。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます