エイチ・アイ・エス(HIS)は8月1日、ロボットが運営・接客するホテル「変なホテル」を愛知県蒲郡市で開業しました。複合レジャー施設「ラグーナテンボス」の敷地内に設けています。

国内3カ所目の開業になり、1カ所目は15年にハウステンボス(長崎県佐世保市)、2カ所目は17年3月に千葉県浦安市の東京ディズニーリゾート近くに開業しています。

蒲郡市に開業した変なホテルのロビーやフロントでは、実物の5分の3サイズのティラノサウルスを模した恐竜ロボット3台が客を出迎えます。他には、水の中を泳ぐシーラカンスロボットやルームサービスロボット、お掃除ロボット、窓拭きロボットなど様々なロボットがサービスや業務を行います。

ロボットが多くの業務をこなすため、従来よりも少ない人数で運営が可能になります。2017年8月2日付日本経済新聞は「100室ある同ホテルを従業員8人で運営できる」と報じています。客が体調不良になった場合など緊急事態には、人間のスタッフが対応します。

変なホテルの出店は今後加速する見込みです。同記事は「ホテル子会社のHISホテルホールディングス(東京・新宿)の平林朗社長は同日、18年度末までに東京に6カ所、大阪に3カ所を新設する考えを明らかにした」と報じました。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます